あらすじ

宮城県 魚取沼 ゆとりぬま に群生するフナと金魚の交雑種、“ 鉄魚 てつぎょ ”。それは日本の魚取沼にしか生息しない、フナのような体に金魚のような長いヒレを持つ珍しい淡水魚だ。

りゅうか はそんな鉄魚と人の混血種族。幼いころから魚取沼の豊かな自然に育まれごく普通の人生を送っていた彼女だが、高校受験を控えたある日、日本でも有名な金持ち学校“金城学園”から入学の招待状が届いた。

金城学園は金魚しか入学できない金魚のための私立校。しかし招待状には『鉄魚は金魚とフナの交雑種、すなわち我々金魚の仲間です。どうぞ当学園へお越し下さい』…みたいな感じのやや胡散臭い文章が金装飾の紙に記されていた。悩む流香をよそに両親は大喜び。即入学の手続きをとってしまい流香は故郷の宮城を離れ金城学園のある愛知へ向かうこととなったのだが……、

彼女を待ち受けていたのは、煌びやかで冷たい小さな水槽。文化的教養と美をなによりの価値基準とする金魚たちにとって野生の鉄魚は“田舎者の野蛮な種”としか映らなかった。価値観も感覚もまるで違うこの金魚の世界で、流香は奮闘の日々を送ることになるのだった――……。

システム

「銀色の涙」は“友愛”をテーマにしたストーリーです。
選択肢で「友情」度を上げれば親友ENDへ、「愛情」度を上げれば恋人ENDへ分岐します。
また、このルートのみ「釣カレ!」の金魚さんがゲスト出演します。